ビジネスローン > ビジネスローンとは > 活用方法と注意点

ビジネスローンの活用方法と注意点

【活用事例】

経営者にとって、 が役立つ場面はさまざまです。
具体的にはどんな時に役立つのでしょうか?

●入金がずれ込んだ

売掛先からの入金が遅れたり、売り上げが落ち込んだ場合などで、
必要経費が用意できないなどの緊急事態でも、
審査に通ればすぐに必要な資金を借り入れることができるのが
ビジネスローンのメリットです!

●数日間だけ借りて、すぐに返済したい

ビジネスローンは基本的には無担保・無保証人(第三者)ローンなので、
有担保ローンよりも金利は若干高くなってしまいます。
しかし、すぐに返済できるのなら金利を低く抑えることが可能です。
一時的に資金を借り、すぐに返したい場合には対応が
スピーディーなものを利用することをお勧めします。

●メインバンクの貸し渋りに対応

銀行融資では、融資審査をするにあたり様々な角度から融資の合否を決定します。
取引先の企業には、与信枠が設定されており、
毎年与信枠が見直しを図っている為、
融資枠が残っていると思っていても申し込んだら
断られたこと経験がある方も多いと思います。
そんな時に、ビジネスローンを利用して
急な資金対応を図る経営者が増えているのも事実です。

【注意点?】

経営者の資金需要に応えてくれるビジネスローン。
しかし利用上、何点か注意しておくことがあります。
あらかじめ注意点を理解して、上手に正しく活用しましょう。

●金利が高い

資金需要に応えてくれるのがビジネスローンですが、
無担保・保証人不要という性格であるが故、
通常の有担保ローンよりも高金利に設定されています。
事業向けの資金として多額の資金を借り入れることになりますので、
借入金額は最小限に抑え早めに完済するよう心がける必要があります。

●頼りすぎると返済が困難に

受注減などの業績悪化が要因で借入れをするときには、
特に注意が必要と言えます。

外部の環境状態など回復のめどが立たないうちに
借入れを繰り返してしまうと、
雪だるま式に借金を増やして返済不可能に
なってしまうことにもなりかねません。

上記のような事態を避けるためにも、
今後の業績回復が見込めない時期には
最後の手段としてビジネスローンからの
資金調達は取っておくことをお勧めします。

●借入の返済方法に要注意

ビジネスローンの返済方法は多岐に渡ります。
ですから、借入れをするときには返済方法の選び方に気をつけましょう。
まずは各返済方法の特徴(業者によって異なる)を理解し
無理のないプランを立てることが重要と言えます

経営者向け

担保別

地域別

個人向け

フリーローン

初めての方へ

用語集